ラピスラズリ

ラピスラズリ

 

 

ラピスラズリを使用したヒーリンググッズはこちら

 

キーワード:幸運のお守り(本来の幸運の意味)、人格の成長、邪気払い、洞察力

  • 主な産地  アフガニスタン
  • エレメント 風
  • チャクラ  第5チャクラ、第6チャクラ

 

[ 石の意味・特徴 ]

太古の昔より聖石と崇められた歴史のある石、ラピスラズリ。9月や12月の誕生石でもあります。まるで夜空や宇宙を彷彿とさせる深い青や、散りばめられた金は、多くの人から愛され、聖なる石とされてきました。

このラピスラズリの青い部分は主に「ラズライト」等の鉱物が集合したものです。夜空の星に例えられる金色の部分は「パイライト」、白い斑点は「カルサイト」になります。

 

古くから幸運を呼び寄せる石としてもちいられてきたラピスラズリですが、その「幸運」とは、表面的な幸運を指しているわけではありません。表面的な幸運というのは、例えば宝くじのような一攫千金や、急に運命的な人に出会うとか、楽をしてラッキーを得ようというものではありません。ラピスラズリのもたらす幸運というのは、一見試練のような、持ち主が本当の意味で成長できるようなそれぞれの人がもつ、越えなくてはならないこと(カルマ)をいちはやく感づかせ魂のレベルを高めるサポートをしてくれるといわれています。むしろ厳しい導き手として、持ち主のカルマを表面化させ、試練や苦難を乗り越えることで魂を成長させようとするようなパワーも秘めています。

 第6チャクラにも働きかけますので、本来の意味で必要な真実を見出す導きの洞察力を与えてくれるのかもしれません。

 

 また、ラピスラズリは邪気を退けるパワーをもつという事でも有名ですが、その邪気は、外部からの邪気だけでなく、自身の心の邪念も退けるといわれます。怒りや嫉妬などを払いのけ、危険を回避してくれます。

心にある誤った考え方を正し、判断力を高めるため、進むべき道に迷った時などに身につけると良いかもしれません。

 

 ラピスラズリの主産地はアフガニスタンです。紛争の絶えないこの地域からこの高品質なラピスラズリが発掘されることにも、意味があるかもしれません。邪気を払い、誇り高き自己を持ち、真実を見つめる洞察力を高めるラピスラズリは、そのような土地に何かの癒しやパワーをもたらしているのかもしれません。

 

 

※ラピスラズリは熱・衝撃・酸性・アルカリ性に弱く、弱点の多い石ですので、取り扱いには注意が必要です。水・塩・土での浄化はお控えください。

 

[ こんなあなたにおすすめ ]

・本来の幸運に目覚めたい

・直観力と判断力を高めたい

・邪気を根本的に払いたい

・自分を成長させたい

・迷っている自分自身に指針が欲しい

・自分自身の真実の目を開いていきたい

・なぜか夜空のような色に惹かれる

・魂のレベルアップを望んでいる

・過去生のカルマと向き合いたい

 

 

 

 

 

 

こちらの引用・シェアは大歓迎です^^

引用の際は引用元としてサイトを記載よろしくお願いします♪

 

 

参考サイト

https://pascle.net/dictionary/lapis_lazuli

http://www.ishi-imi.com/2008/09/post_20.html

http://tennnone.com/lapislazuli/

http://natural-style.biz/powerstone/lapislazuli.html

 

自分の魂と繋がり、 石とともに幸運体質になる 無料メールマガジン<登録はこちら>

*パワーストーンが好き
*スピリチュアルに触れて生きたい

読むだけでパワーストーンヒーリング♪
真の開運に向かう無料音声動画プレゼント!

“ラピスラズリ” への 2 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です